美智子さま

「紀子さん、生ぬるいわ!」 美智子さま、刃物男に「厳罰」をご所望




文/編集部

刃物事件初公判

今月9日、秋篠宮家の長男・悠仁さまの学校机に刃物が置かれた事件の初公判が、東京地裁にて行われた。

この事件の犯人である長谷川薫被告は「間違いはありません」と起訴内容を認めている。検察側は懲役1年6ヶ月を求刑し結審した。判決は2月14日言い渡される。

被告は被告人質問で「今回の件は暴挙で、深く反省している。学校に入ってからのことは計画していなかった」と回答している。

異例の長期拘束

将来の皇室を担われる悠仁さまが狙われた今回の事件は大きな波紋を呼んだが、現在、被告に対する異例の超法規的措置も問題となっているという。

「長谷川被告は事件以来、半年以上にわたって勾留され続けていました。本来であれば、殺人や強盗などの凶悪犯でなく、すでに罪を認めていて、証拠隠滅や逃亡の恐れがない被告はすみやかに保釈されるものです。

しかし、今回は、“超法規的措置”で、異例の長期勾留を受けていたようです。将来の天皇を狙った犯行ということで、御代がわりの大切な時期に自由にさせるわけにはいなかったのかもしれません。

ともあれ、動機の解明などを理由に、半ば時間稼ぎ的に取り調べが長期化しました」(皇室ジャーナリスト)

世間に大きなインパクトを与えはしたものの、被告の罪はいずれも微罪といってよく、懲役刑が下される可能性は極めて低い。

そのため、公判が終われば長谷川被告の勾留が続く可能性も低い。2月に判決が下された後には、事件を起こした被告が再び社会に出る可能性が高いが、悠仁さまの母親の紀子さまは心中穏やかではないだろう。

厳罰を所望される美智子さま

また、悠仁さまの祖母である美智子さまも「(悠仁さまを)刺そうと思った」などと供述していた犯人が社会に出てくることに大きな不安を持たれているという。最近では、紀子さまにこの件に関しての対応が「生ぬるい」と叱咤されることもお有りなようだ。

「美智子さまは、初公判が行われる以前から、被告が再び社会に出てくることを心配されており、しばしば“あんな危険人物を再び社会に出しても大丈夫なのですか?” “もし、悠仁の身に何かあったらどうするのですか?” と紀子さま対しもっと声を挙げるように勧められています。

もちろん、裁判所が皇室側の意向に忖度し、被告に対し厳罰を科すという可能性は極めて低いですが、すでに、超法規的措置として長期間の勾留を行っております。

この上、このような微罪で執行猶予無しの懲役刑ともなれば、“皇室からの圧力で司法が歪められた”との批判が起こる可能性もあり、周囲の職員の中には、美智子さまに対し“判決に関してあまり言及なさらない方が…”と懸念する声も聞かれます」(皇室関係者)

祖母として、悠仁さまの身を案じられるお気持ちは理解できるものの、上皇后のご発言の影響は未だ大きい。現在二重権威に関しても批判を集めている上皇周辺への懸念も深く「美智子さまも、一つ一つの発言にもっと慎重になられて欲しい」というのが周囲の職員らの率直な想いであるようだ。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    結局被告人は執行猶予が付きました。

    改めて皇族は学習院が適切だと感じた出来事でした。

  2. 匿名 より:

    それに皇族は国民のためを思って行動しているという姿を見せなくてはね。
    私利私欲に走ったり、税金を国民が望まない用途に使っているのに、それを改めない姿を見せてはいけないと思います。
    無断で学校に侵入して刃物を置いてくるという行動は許されないが、国民の多くが秋篠宮家に皇統が移るのを不快に思って反対しているのは事実。

    美智子さまの言われることは、もういちいち聞く必要はないと思います。引退した方だし、お年の問題もありそうだし。

  3. 匿名 より:

    唯一の男系男子なのに、皇族を守り育てた経験が皆無の女子大附属に入れるって、秋篠宮夫妻は何を考えているのだろう。
    天皇にする気がないのだと世間に思われても仕方ない。

    これから高校入試、大学進学が控えているが、学習院は選択肢に入らないのだろうか。選択肢に入れられないのかもしれないが。
    いったい、どんな学校に進まれるのか興味津々である。

  4. 匿名 より:

    あれれーーー???
    「誰も傷付くことのないように」って赦してあげたらいかがです?
    敬宮様はその後もいじめっこ…じゃなくて傷害罪の被告人がのさばる中一生懸命登校されましたよ?

  5. 匿名 より:

    民主主義の法治国家では法の下に人は皆平等です。
    宮家の子が標的になったからと言って微罪が重罪に変わることはありません。
    微罪が重罪に変わることが有ったなら、それは国家を覆す大事となり、それこそ国民は声をあげ、立ち上がらなければそのまま独裁国家への道を進むことになります。

  6. 匿名 より:

    「エヴァ ロンギヌスの槍モドキ」事件は、解明出来無い不自然な不審点が多過ぎますわ。
    シナリオの有る「仕込んだヤラセ」だと考えれば、辻褄がピタリと符合する。
    勿論、ウラで「絵を描いた」のは、末弟君に世間の耳目を無理矢理集めたい「あのオカタ」でしょうね。計画のアチコチに穴ボコが沢山開いてるし〜?。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。