愛子さま

愛子さま、高校でさらに凛々しく逞しく すでに“皇室外交”も




文/編集部

天皇家のご活躍と国民の支持

先日、愛子さまが学習院女子高等科をご卒業後に学習院大学へ進学される見込みであることが報じられた。偏差値72とも噂されるほど優秀であった故に、進学先については様々な憶測がされてきたが、天皇陛下と同じ大学で学ばれることを決意されたようだ。このニュースについて、ネットユーザーの多くが賛同している。「やはり天皇家のご決断には安心感がある」「周囲のことを気遣われる姿勢は一貫していて、聡明なご一家だと改めて思う」といった賞賛のコメントが多数寄せられ、天皇家がいかに国民から信頼されているかが窺い知れる。その人気ぶりについて、ある皇室記者は次のように述べた。

「天皇家のご活躍の報道と国民の声援については、驚きとともに、やはりこれが当然のことであると嬉しく思っています。皇太子時代には、雅子さまのご病気のことや、愛子さまへの荒唐無稽なバッシングが繰り返されてきましたが、そんな中でも粛々と為すべきことを全うされてきました。

そのようなお姿が良識ある国民にはきちんと伝わっていたからこそ、現在のご動向に非難の声が上がらないどころか、支持する声ばかりなのだと思います」(皇室記者)

愛子さまの高校生活

来年の3月で高校をご卒業される愛子さま。ご学友に囲まれ、楽しくお過ごしになられる様子がしばしば伝えられてきた。

学校関係者は愛子さまの学校での様子について次のように語った。

「愛子さまの学校での姿はインターネット上で言われてきたようなものとは異なりますね。中等科の頃から明るくて、学校行事も積極的に楽しまれるお方でした。愛子さまの学年は、ほかの学年と比べてもとても結束力が固いんですよ。これも“愛子さま効果”かもしれません」(学習院関係者)

昨年夏には学校のプログラムを利用し、英国・イートン校への短期留学をご経験。同校はヘンリー6世によって1440年創立された、イギリス王室メンバーや貴族の子息が通う超名門男子校だ。ウィリアム王子やヘンリー王子の母校でもある。

現地では同級生とともに寮生活を約3週間送られ、イートン校専任教員や同校の卒業生から英語やイギリス文化について学んだ。他にも多岐に渡るプログラムに参加され、フィールドワークを通じて同国の歴史や文化に触れられた。愛子さまは陛下から「私より綺麗な英語を話します」と評されるほど語学に明るく、この短期留学でもすでに愛子さまの「皇室外交」のスキルが垣間見られたという。

また、運動会や文化祭、「オール学習院の集い」と言った行事にも全力で取り組まれ、ダンスやチェロ演奏を披露されるなど、そのマルチな才能に魅了される生徒が多い。

愛子さまのお人柄について、先の皇室記者は次のように語った。

「愛子さまは高校でのご経験を通じて、健やかに逞しく成長されました。いつも柔らかな笑顔で周囲を和ませる愛子さまですが、ご学友がいないだとか、不登校であるとか、事実無根な報道がありお元気を無くすこともあったようです。

しかし元来大変明るく思慮深いお方です。逆にそのような苦しいご経験からご自身がどうすべきかを深く理解され、逆境に負けない逞しさと凛々しさを身に付けられました。そういったお姿も、国民から敬愛される所以でしょう」(前同)

留学や学校生活に全力で取り組まれ、様々なご経験を積まれた愛子さま。国内行事はもちろん、国際親善の舞台でも活躍される日が待ち遠しい。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    敬宮愛子内親王殿下こそが次期天皇陛下になるにふさわしいお方でございます。

    天照大神様、貴女様の強きお力でご末裔にあたられる皇女様をお守りくださいませ。

    私は名もなき末端国民でございますが、今願うことは天皇陛下の皇女様が皇位に就かれること、そのご子孫が未来永劫皇位を
    継承されることでございます。

  2. 令和の天皇ご一家を守りたい より:

    天皇家は,今上陛下,皇后様,ただ1人の皇女の敬宮様だけです。
    お幸せだけに恵まれていいはずなのに,当時の上の方からの心ない言葉のいじめ,とんでもない親戚もどき,マスコミと御用皇室評論家や宮内庁からの非道の扱いの数々。それなのに,豊かに優しくまっすぐにお育ち下さいました。これも一重にお父様,お母様のおかげです。
    今上天皇皇后両陛下,このように素晴らしい皇女様を国民に与えて下さり,ありがとうございます。

  3. イノシシ より:

    菊ノ紋編集部さんに「いいね」をあげたいです!
    素晴らしい記事をありがとう!

  4. 匿名 より:

    今上天皇ご一家の記事は、いつも日本と言う国を誇らしく思わせて頂きます。
    自分も襟を正して生きて行きたくなる様な感じです。
    今上天皇が国民に寄り添って頂けるなら、私たちもお守りしたいと思います。
    以前雑誌などで叩かれてた時は、同意はしませんでしたが関心もありませんでした。
    今、明らかになって来た黒い真実に無関心であったことの恥ずかしさで一杯です。
     二度と見誤らないように、自分の住むこの国の何を守って、何と戦うべきか真摯に向き合っていきたいと思いました。

  5. 匿名 より:

    敬宮愛子さまへのバッシングは異常でした。年端もいかない子供へのあの酷さはありえません。両陛下の愛情でお健やかに成長されたお姿はとても嬉しく頼もしく感じます。敬宮愛子さまと両陛下をこれからも応援していきます。

  6. 匿名 より:

    イートン校へのサマーカレッジでの
    敬宮さまへの寮のお部屋について、
    イートン側は貴賓室を提案しましたが、
    敬宮さまは「お友達と同じお部屋を」、
    結局、他の参加者と同じタイプのお部屋に
    宿泊されました。
    ただ、警備の都合上、階段の近くではあったそうです。



  7. 匿名 より:

    愛子さまの学習院大文学部への内部進学が決定しましたね。
    本当は東大に来て頂きたかったけれど、ここまでミテコ婆が嫉妬し、紀子とその手先が謀反を企む南北朝状態では、警護こそが最重要ポイント。
    秋篠宮家全員を追放完了した暁には、オックスフォードに学んで下さい。

  8. トクメイコ より:

    敬宮様のお姿は、本来の日本人としての在り方だと思います。

    慎ましく、そして聡明。どのような逆境に遭われても、逞しく微笑みを絶やさず、天皇陛下の御息女という立場を忘れずに健やかにご成長されています。

    これが全ての日本人、日本の女性の、強さだと思います。

    敬宮様の大学生活が有意義なものになるよう、お祈り申し上げます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。